包茎手術の手順

一口に包茎手術と言っても、様々な術式が開発されていますので、どの術式による手術を受けるのかによって細かな手順が変わってきます。
ただし、いずれの術式を選ぶ場合でも、事前に丁寧なカウンセリングが行われるのが基本です。
包茎にも仮性包茎と真性包茎がありますが、仮性包茎にしか適応されない術式もありますので、その点の確認などが行われます。
また、包茎手術と同時に長茎手術も受けてしまいたいという人もいますが、そのような要望にも対応してくれるようになっています。

包茎手術の中で一番ポピュラーな術式となっているのが、環状切開術です。
昔からよく行われている術式で、あまり手術技能が高くない医師でも失敗する確率が低い術式だと言われています。
簡単に言うと、余分な包皮を環状に切除し、縫い縮めてしまうという方法です。
ただし、包皮の先端部分と根元部分とでは皮膚の色に違いが生じている場合が多いので、手術後のペニスがツートンカラーになってしまうことがたまにあります。
皮膚の色の違いが目立ってしまうことを避けたいのであれば、別の術式を選ぶ方が安全です。

最近増加してきているのが、亀頭直下埋没法による包茎手術です。
この方法による手術の場合、まず勃起した時のペニスの長さに合わせて余分な包皮を切除し、その後、亀頭のすぐ下の部分で皮膚を縫合するという手順を踏むことになります。
縫い目がペニスのカリの真下にきますので、手術痕がほとんど目立たないというメリットがあります。
もちろんペニスがツートンカラーになってしまう心配もないので、この術式による包茎手術を希望する人が多くなってきています。
ただし、皮膚科で亀頭直下埋没法を採用しているケースは珍しいので、美容外科クリニックなどへ行く必要があります。